【完全無料】スマホゲームおすすめランキング【管理人が厳選】

「LDPlayer」の使い方や設定を画像付きで分かりやすく紹介!|ウイルスやマルウェアの危険性についても解説

LDPlayerの使い方

「LDPlayer」は現時点で2.7億ダウンロードされた大人気Androidエミュレーターです。

この記事では、「LDPlayer」を初めてインストールする方に向けて、

上記の項目について詳しく解説していきます。

ぴっくあっぷちゃん

LDPlayerは高性能で軽いからPCスペックにあまり自身がない人にもおすすめ!

目次

「LDPlayer」の動作環境・推奨スペック

必要動作環境

OSWinXP SP3 / Win7 / Win8 / Win8.1 / Win10
CPUIntel Pentium G5600以上、AMD athlon X4 880K以上
GPUWindows DirectX 11 / OpenGL 2.0対応グラフィックドライバー
メモリ4GB以上
ストレージ36GB以上
by:LDPlayer

「LDPlayer」を動作させるために必要なパソコンのスペックは上記の通りです。

必要動作環境ほどのスペックがあれば起動することはできますが、あくまで最低限起動に必要なスペックです。

実際に上記のスペックで「LDPlayer」を起動しても、カクカクでまともにゲームを遊ぶことは難しいです。

推奨動作環境

OSWindows 8/10
CPUIntel i5 8500
GPUNVIDIA GeForce GTX 750 Ti
メモリ16GB以上
ストレージ100GB以上
by:LDPlayer

LDPLayerで複数ゲームを起動したり、重いゲームをやる場合には上記以上のスペックが必要となってきます。

もっと快適にゲームを動かしたり、マクロ機能を使いたい方はより上のスペックのPCを用意することをおすすめします。

「LDPlayer」本体のインストール方法

STEP
LDPlayerを公式サイトからダウンロード

最初にLDPlayerの公式サイトを開き、右上にある「LDPlayerをダウンロード」をクリックします。

STEP
ダウンロードしたインストーラーを開いて、インストールを進める

インストーラーのダウンロードが終わったらガイドに沿いながらインストールを進めていきましょう。

「LDPlayer」の保存場所を変えたい方は、右下の「カスタム」を押すと保存先を変更することができます。

STEP
インストールされるのを待つ

インストールを待って、上記の画面が表示されれば「LDPlayer」のインストールは完了です。

起動を押せば「LDPlayer」を起動することができます。

「LDPlayer」でゲームをインストールする方法

以下では「LDPlayer」でゲームをインストールする方法を紹介していきます。

ゲームによっては、Androidエミュレーターで遊ぶことを禁止しているものもあります。

位置情報ゲームなどは位置偽装対策のため、ほとんど遊べないので注意してください。

STEP
「LDPlayer」からGooglePlayストアを開いてGoogleにログインする。

Googleアカウントを所持していない方は、「Googleアカウントを電話番号なしで登録する方法」を参考しながら登録しましょう。

STEP
ログインしたら、GooglePlayストアからやりたいゲームを検索

今回は例として『Rise of Kingdoms ―万国覚醒―』をインストールしてみます。

Rise of Kingdoms ―万国覚醒―

Rise of Kingdoms ―万国覚醒―

LILITH TECHNOLOGY HONG KONG LIMITED無料

★★★★★★★★★★

STEP
インストール画面を開き、完了したらプレイをクリック
STEP
ゲームが起動すれば、無事インストール完了

無事ゲームが起動できれば、「LDPlayer」で遊ぶことができます。

ゲームによっては、プレイを押してもエラーが出て起動しない場合もあるので注意してください。

「LDPlayer」の使い方・設定紹介

次に「LDPlayer」の機能や設定について紹介していきます。

主に使用するのは上記画像の赤枠部分なのでそれぞれ上から順番に簡単に解説していきます。

  • 設定
  • キーマッピング
  • 音量の調整
  • 全画面表示
  • 自動マクロ
  • マルチ操作
  • APKファイルをインストール
  • 画面録画
  • 同時操作
  • シェイク
  • ファイルを共有
  • 位置情報を設定

設定

設定

歯車マークのアイコンを押すことで「LDPlayer」の設定画面を開くことができます。

設定画面では、CPUやメモリの割り当てや、ゲームのフレームレートの設定を行うことができます。

キーマッピング

キーマッピング

キーボードに様々な操作を割り当てることができます。

スマホのFPSゲームの操作をパソコンと同じWASDの操作にすることができたり、ワンキーでスキルを発動することなど様々なカスタムが可能です。

ゲームによってはこのようなキーマッピングを禁止しているものもあるので、注意しましょう。

音量の調整

音量の調整

「LDPlayer」の音量を調整することが可能です。

+マークで音量アップ、-マークで音量ダウンとなっています。

全画面表示

全画面表示

「LDPlayer」を全画面表示にすることができます。

一度全画面表示にしてしまうと、右側のメニューバーは消えてしまうので、全画面をやめたいときは「F11」を押すと戻ります。

自動マクロ

自動マクロ

事前に自分が動かした操作や行動をそのまま再現してくれる機能です。

マクロ機能もゲームによってはBANされる可能性があるので注意しましょう。

マルチ操作

マルチ操作

マルチ操作では、LDPlayerの仮想Android環境を増やすことで、ゲームを同時操作することが可能になります。

ただし、PCのスペックが極端に低かったり、OSがWindows7などでは動作が重く困難なので、ご自身のPCスペックに注意しましょう。

APKファイルをインストール

APKファイルをインストール

PC内にあるAPKファイルを読み込むことができます。

スクリーンショット

スクリーンショット

「LDPlayer」内でスクリーンショットを撮影することができます。

画面録画

画面録画

「LDPlayer」内の画面を録画することができます。

録画したものは、保存した場所が初期設定の場合「C:\LDPlayer\LDPlayer4.0\vms\video\」に保存されています。

同時操作

同時操作

「LDPlayer」を複数開いて、同時に同じエミュレーターで同じ操作を行う機能です。

すべてのエミュレーターが同じ挙動を行ってくれるので、4~10アカウント分リセマラしたい方におすすめです。

シェイク

シェイク

擬似的に画面を揺らすことができます。

ゲームによってはスマホを揺らす必要があるゲームで主に使用します。

ファイルを共有

ファイルを共有

パソコンにあるファイルを「LDPlayer」に移したい、または「LDPlayer」にあるファイルをパソコンに移したいときに有効な機能です。

位置情報を設定

位置情報を設定

自分がいる位置を偽装して設定することが可能です。

基本的に位置情報ゲームで位置偽装を行った場合は一発でBANされる可能性があるので注意しましょう。

画面を回転

画面を回転

横画面から縦画面に回転することが可能です。

ゲームによっては勝手に縦画面に切り替わるので、あまり使う機会はありません。

「LDPlayer」に危険性はある?ウイルス感染の可能性は?

結論から言うと「LDPlayer」自体に危険性はまったくありません。

この危険性については、LDPlayerの公式が説明を出しており、ウイルスなどを導入していない証拠などをあげています。

LDPlayerのインストールファイルのVirusTotalの検出と解析画像

また、GooglePlayアカウントの個人情報に関しても、LDPlayerはユーザーのアカウントにリンクされているため、情報を取得することは無いと回答しています。

ただ、セキリュティを強化する面で、Androidエミュレーター専用のGoogleアカウントを用意することをおすすめしています。

「LDPlayer」の使い方まとめ

  • LDPlayerをインストールすればパソコンでスマホゲームが遊べる
  • LDPLayerはウイルスの危険性や個人情報が流出する危険はほとんどない
  • マクロ機能などでゲームを遊ぶ際は、ゲーム側で禁止されていないかチェックする

「LDPlayer」は多機能・高性能なのに比較的軽いAndroidエミュレーターです。

同時操作などによる、同時リセマラは他プレイヤーより早くスタートダッシュを決めることができます。

ただ、その一方でAndroidエミュレーターは一部のゲームが遊べなかったり、マクロに関しては特に厳しいので「LDPlayer」を使用する際は注意しながら遊びましょう!

PickApp厳選!おすすめゲームアプリランキング

ここでは当サイトいちおしのゲームアプリを紹介しています。

また、ここで紹介している以外にも「おすすめのスマホゲーム」では各ジャンルごとに分けてアプリを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

ぴっくあっぷちゃん

面白いゲームを厳選したよ!

1位 放置少女

おすすめポイント!
  • かわいい美少女たちを育成できる
  • 超豪華声優陣がキャラクターを担当
  • アプリを開かなくてもどんどん育成できる

放置少女』は三国志の世界観で繰り広げられる、美少女キャラクターを育成する放置RPGゲームです。

三国志の世界観ではありますが、登場する美少女キャラクターたちは、現代っぽい衣装を着ているキャラクターも存在します。

ゲームシステムは放置をしているだけで勝手にバトルをして、アプリを開いていなくても経験値を獲得することができます。

「戸松遥」さん「鬼頭明里」さんなどの超豪華声優の方々がキャラクターを担当しているのも特徴です!

ぴっくあっぷちゃん

バトル以外にも楽しいコンテンツが盛りだくさんだよ!

ユーザーからの口コミ
  • 個人的には放置バトル系のゲームでトップクラスだと思う。無駄な操作は一切ないから簡単に遊べる!
  • 始めたばかりの新規だけど、無課金で全然楽しくプレイできる!プレイ時間が少なくてもどんどん育成できるのは最高!

放置少女 - 百花繚乱の萌姫たち

放置少女 - 百花繚乱の萌姫たち

C4 CONNECT K.K.無料

★★★★★★★★★★

2位 Rise of kingdoms

おすすめポイント!
  • 古代の英雄たちがキャラクターボイス付きで登場!
  • 3Dグラフィックによる壮大なフィールド
  • コンテンツが豊富で飽きる要素がない

Rise of kingdoms』は世界のさまざまな古代文明をモチーフにしたリアルタイム・育成型戦略シミュレーションゲームです。

源義経、ジャンヌ・ダルク・曹操などいって歴史上の人物が登場し、外見や史実を参照しながら現地語のキャラクターボイスが搭載されているのも特徴的なポイントです!

サーバー数は大量にあり、日本だけでなく世界各国のプレイヤーたちがチャットが同盟などで賑わっています。

ゲーム自体は内政をどんどん固めて、病院や学校などの施設を改良しながら城を反映させていく、やればやるほど奥が深いシミュレーションゲームとなっています。

人気があってコミュニティの盛り上がりはすさまじいゲームなので、ぜひ一度はプレイしてみることをおすすめします!

ぴっくあっぷちゃん

無課金・微課金でもずっと楽しめるゲームだよ!

ユーザーからの口コミ
  • 同盟要素がなにより一番楽しい。育成要素もやればやるほど結果がでるので面白い!
  • グラフィックも味があって可愛い!キャラクターボイスも雰囲気にぴったりあってて良い!

\ 無料ダウンロードはこちら! /

Rise of Kingdoms ―万国覚醒―

Rise of Kingdoms ―万国覚醒―

LILITH TECHNOLOGY HONG KONG LIMITED無料

★★★★★★★★★★

3位 リネージュ2M

おすすめポイント!
  • 高解像度の美麗な3Dグラフィック
  • 1万以上で行われる大規模な対戦バトル
  • 102,500,000平方メートルにおよぶ広大なマップをシームレスで移動可能

リネージュ2M』はPCゲームで人気を博した「リネージュ2」の正統後継作品で、大規模戦闘が味わえるオープンワールドRPGです。

一度ゲームをプレイしてみれば、超リアルなグラフィックと美しいファンタジーによる世界観に没頭してしまうこと間違いありません。

このゲームの最大の特徴は、スマホゲーム史上最大のオープンワールドをシームレス(画面が切り替わらない)で移動することが可能です。

戦闘システムはオートバトルが搭載されているので、ずっとタップやクリックをしなくてもいいところも親切な設計です。

一緒に遊ぶ人がいれば、レアドロップやレベルアップなどの嬉しさを共有できたり、モチベーションアップにもつながるので、友達を誘って『リネージュ2M』を遊ぶことをおすすめします!

ぴっくあっぷちゃん

「飽きる」なんてことがないぐらいボリュームがあるから、長くゲームを遊びたい人にもおすすめだよ!

ユーザーからの口コミ
  • 昔「リネージュ2」をプレイしていたけどそれ以上のクオリティで楽しい!
  • スマホだからグラフィックがしょぼいかな?と思っていたけどかなり綺麗!スマホゲーでここまで迫力あるゲームは中々ない!
  • いろいろなスマホRPGを触ってきたけど自由度が高い!PCでMMOをプレイしている人たちにもおすすめ!

\ 無料ダウンロードはこちら! /

リネージュ2M(Lineage2M)

リネージュ2M(Lineage2M)

NCSOFT無料

★★★★★★★★★★

目次